ワンフェス後記と次回のこと

| コメント(0)

遅くなりましたが、ワンフェス2013夏お疲れ様でした。
またご購入いただきました方々にはあわせて感謝申し上げます。ありがとうございました。

 

今回のSunRouteはPSO2のPSVitaサービス開始の影響か2013冬よりも客足が多かったように感じます。
マグ(3.5ミリイヤホンジャック)のストラップは開始45分で完売、その他、新作再販を含めたフィギュアも14時には完売してしまいました。
毎度ありがたいことで感謝感謝です!
前回までは「かわいい」という理由で足をとめていただいた方もおりましたが、今回は「あ、PSO2だ」とか「リリーパだ」と言って写真を撮っていかれる方が多く、あぁなんかPSO2が徐々に広まってきたなぁ、と実感。長年ファンタシースターシリーズを作ってきたボクらからすれば、ちょっと大袈裟なハナシですが、開発スタッフ様の気持ちがわかるような、とても喜ばしい限りです(笑)

下は当日SunRouteブースの写真です。

wf2013s001.jpg

ひとつだけサーフェイサー状態の小動物がいますが(笑)
次回2014冬に販売を検討して製作中の「ラッピー」です。
PSO2をプレイされていないで当ブログをご覧になってる方には、同じような名前のものばっかりじゃんwww、と思われてしまいそうですが「ナヴ・ラッピー」と「ラッピー」ではまったく別物なんですよ。
次回作ラッピーに関する情報はイベントが近づいてきたら不定期に発信していきますのでお楽しみにー。

 

ちょっと展示品の製作過程の写真を紹介。

前回、前々回と展示用にジオラマを製作してきましたが、今回は地下坑道をイメージしたベースを用意しました。以前まではメンバーの橘サツキが製作していましたが、今回は直線的な造形になりそうだったのでボクが担当しました。

riribase001.jpg

主にケミカルウッドを使用。模様の部分は定規とケガキ針でホリホリ。破損している床はサフォームというカンナのようなヤスリで不規則に荒らしてワイヤーブラシで角をおとし経年劣化している風にしました。写真はそれらを貼りつけ一体化し溶きパテで床面をザラつかせています。

riribase002.jpg

地下坑道エリア、フィールド内にある「どこぞの剥がれた床」はプラ板で製作。金曜■ードショーの「猫の恩返し」見ながら切って彫って、ヒートガンであぶって凹みを作りました。

riribase003.jpg

基本塗装を済ませ、ダメージ加工&塗装を行いました。

riribase004.jpg

砂をまきボンド水溶液を垂らして砂を固定。ウッドベースもニスを塗ってお化粧しました。

riribase005.jpg

造形物とウッドベースを接着。パステルを使って細かな陰影や砂埃っぽさを表現、リリーパType-βを設置して、「地下坑道風ジオラマ ~リリーパを添えて~」の、かんしぇいですッ(まちゃあき風に発音)

 

さて次回のワンダーフェスティバル2014冬は参加予定ですが販売する商品はまだ検討中です。
先にお伝えした「ラッピー」は間違いなく新作として申請する予定ですが、「マグ」や「ナブ・ラッピー」に関しては「予備として生産しておいた分のみ」になる可能性が今は高いです。おそらく各5~8個前後だと思います。
理由は以前よりお伝えしていますように型の破損です。
再販を希望する声が多いものを優先で型の作り直しを行い商品ラインナップに加える事も今なら可能ですので、もしよろしければメールやコメント、ツイッターでも結構ですのでご意見いただけるとお手元にお届けできる可能性があがるかなー?と思います。
また「マグ」に関しましては再販ご要望の声が多い場合は、販売を午前の部と午後の部に分ける事も検討しています。

 

最後に8月10日のアークスグランプリ決勝大会会場内で行われた「ファンタシースター コスプレコンテスト」でお知り合いの菊正宗さん(みなみ3)が優勝を手にしました!おめでとうございます!!毎度ワンフェスで足を運んでいただいている常連さんから優勝者が誕生するなんて自分の事のように嬉しいですね。当サイトも菊正宗さんのブログとリンクしておりますので、よろしければぜひ。

コメントする

2014年9月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

アーカイブ