あの夏とこの夏の思い出

| コメント(0)

おひさしぶりです、かづやんです。
この夏はWFへの参加を断念したものの、けっこう充実した日々を過ごしませた。ただ、友人たちとバーベキューをする時間がとれなかったのが残念。だいぶ夜が涼しく過ごしやすくなってきたのでそろそろジュージューやりたいですねぇ(笑)

さて、夏休みももう終わりですね。夏休みの工作は終わっていますかね?(笑)
夏休みの工作の思い出で忘れられない出来事がひとつありまして本題に入る前にちょっと触れておきましょうか。

それは俺、かづやんがまだ小学生だった頃です。
何年生だか忘れましたが割りと高学年のとある夏休み明けの事です。俺たちの小学校では教室前の廊下にテーブルを設置して夏休みの工作をしばらく展示しておくという風習がありました。小学生らしい、とても個性的な作品が並べられる中、一際スゲェ作品がありました。同級生I君が提出したガンプラ「リックドムII(ツヴァイ)」です。継ぎ目を消してあったかどうか、そこは定かではありませんが全塗装、スミ入れはもちろん、缶スプレーによるウェザリングまで施されていました。当時の道具と小学生の工作レベル、渋い作風センス、どう考えても、あきらかに「 あ り え な い 」作品(笑) すごいね!コレほんとに自分でつくったの?手伝ってもらったんじゃないの?と問うもI君は「俺がつくった」と言い張るのです。

いやだってマジおかしーでしょ?小学生ってそんな急速に手先器用になんの?キミあんなに不器用だったよね?つかさ、ガンプラなんて今まで一度も口にしたことない人がいきなりガチでガンプラ作るか??
ガキ大将気質なI君を相手に誰も食入る事はなく、ハイレベルな夏休みの工作の展示が始まったのです。

しかし、事件は起きました。そう、起きてしまいました。
I君が作った(と言い張る)作品は上級生、下級生問わず、当時のちびっこガンプラビルダーズが連日休み時間に見学に来ていました。噂が噂を呼んだか、その人気っぷりはダイエット中なのにもかかわらずイケメンがいるカフェに入り浸る女性のごとくです。そしてある朝の事です。なんとI君が作った(と言い張る)ガンプラ「リックドムII」が盗難に遭うという事件が勃発してしまうのです。昨日までそこに鎮座していた「あこがれのリックドム」はなくなり「ただの小学生の工作」だけが整列するという見慣れた風景に様変わりしていたのです。

先生は言いました。「怒らないから、I君のガンダムかえしなさい」と。

先生、間違ってる。あれガンダムじゃない、ガンプラだよ。ドムだよ。
それでもI君が作った(と言い張る)ガンプラは戻ってきませんでした。犯人はこのクラスにはいなかったのです。

全校集会で校長先生は言いました。「○年□組のI君の夏休みの工作を返してあげてください」と。

そしてしばらくたったある朝、リックドムは戻されていました。何事もなかったかのように戻っていたのです。

結局、犯人判らぬままリックドム誘拐事件は幕を閉じました。自業自得だけど戻ってきてよかったねー、と思った反面、俺もあんなガンプラいつか作ってみたい!とも思ったのでありました。盗難事件の犯人も誰だかわかりませんが、結局ドムだってぶっちゃけ誰が作ったかわからないまま。でもあのクオリティ、今では大したことなかったのかもしれませんが当時受けた衝撃は忘れることのできない出来事でした。


という事で、今回は「夏休みの工作」とかけて、最近作った作品の「いいお知らせ」と「残念なお知らせ」をご報告。

ではまず...残念な方から行きますか(笑)

お久しぶりです、かづやんです。


無気力を誘うほどの猛暑ですが体調を崩さぬようお互い十分気をつけて乗り切っていきましょう。

さてブログの更新が滞っており、もう8月。お盆休みもそろそろ終わりですね。連日ガンプラの製作に時間という時間をフルに当てておりました。5月30日にスタートし約3ヶ月とちょっとでようやく90%完成しました。1日平均作業時間が約2時間ですが、だいぶ時間がかかってしまいました。人生でこれ ほど時間をかけて製作したガンプラは他にないですね(笑)時間かかった割には大したことないんですけどorz
この夏はWFへの参加がなかったのでこんなにガンプラに時間を費やせましたが、この先このような事はないと思われます(笑)

元はといえば「WFも不参加だしガンプラでも作るか。」が始まり。

 

WFも不参加だし、PSNも回復しねーし、次回作ケズリながらガンプラでも作るか。(←作業場を大掃除して広くなっているのでなんでも作りたくなっている)

ガンプラビルダーズみたいな設定無視にしよう。(←珍しく明確な製作プランが立った)

なんかのコンテストに出せるタイミングがあればいいな。(←久しぶりのガンプラにウキウキ)

地元イエサブのコンテストがあるのか。それに間に合わせよう。(←この頃PSNが復帰し、PSPo2iのイベント最中)

キャラホビで「ガンプラビルダーズコンテスト」だとッ!?まさに「俺なう」なんだけど!(←PSPo2iインフラ待機時間に雑誌を見てガクブル)

やべぇ。ちょっとマジでやらなきゃダメじゃねーか?(←この時点でナギサやPSO2キャラ製作をとめる)


こんな俺的時間の流れがあったんですね。
途中で「戦場の絆」の誘惑があったり、
材料やパーツが手に入らなかったり、
ジオラマ作りしてみたり、
悩みに悩んで考えた塗装のパターンを塗装中「地味だな」という理由で変更してみたり、脱線もありましたが結構大変でした。

今回は初めて自作デカールにも挑戦。といってもデザインは自分ですが、タチバナにPCで作成依頼。試作が出来た時点であーでもない、こーでもないと密着で指示を出し完成しました。

可変MSという事で展示時には可変後の写真を数枚展示する予定です。撮影は終了していますが、本日友人でありSunRouteサポートスタッフのア デコに画像の加工を依頼しました。センスある方なのでうまくやってくれると思いますが、これでもか!と指示を出してしまいました・・・。ちょっとは自分で 出来るようになりたいですが、ハッキリ言って「専門職」の人にはかなわないので思いっきり頼る事に徹します(笑)

いよいよ今週からPSO2のαテストが開始されますが、まだ展示用の「ベース」などが出来ていません。
αテスト開催日のスケジュールも発表されていますので、うまく時間を使いながらギリギリまで残りの10%をがんばろうと思います。

戦果

| コメント(0)

暑さゆえに食欲の低下が見られる かづやん です。

さて昨日、ゲーセンにて「戦場の絆」をプレイしてきたワケですが、いやー、さすが「ホンモノのMS」は難易度が違いますな。

もうハッキリ言って、足 元 に も お よ ば な い (笑)

けっこー練習したんですが、これといった見せ場を作ることも出来ず、PSP版ほどのスコアを出すことも出来ませんでした。

くーっ残念ッ!

ですが連続斬りのタイミングは練習の成果もあり、3回まで成功した回数は少なかったもののまずまずの手応えはありました。

PSPと比べ、筺体では武器の持ち替え速度が遅く、今だ!って時にサーベルを振れないシーンが多々ありました。仕様なのか自分の操作癖が原因なのか模索しながら戦闘しましたが結局わからず終いでした。いずれにしても、自分が筺体に対応しないと上手に操作できないので次の課題にしたいところですが、実戦じゃないと練習もできないのが残念ですね。

ゲーセンに入る前に仲間と合流して夕飯を食べながら作戦を立てるのがデフォとなってきた俺たちの部隊。最近では用語も飛び交い、気持ちだけは一人前です。

「ニューヤークのタンクは左ルートで拠点攻撃いこうか」

やったことない人はなんのこっちゃですね。やったことある人はこれだけでマップが頭に出来てます(笑)連邦軍では結構メジャーな作戦なんですよこれ。

我々はメンバー5名なのですが、1vs1、4vs4、6vs6、7vs7、8vs8のセッティングしか用意されていません。なのでいつも6vs6で6人目はCPU(PSUでいうNPC)なんです。ところが最近俺たちプレイヤーが同じ部隊に配属されないで4名+2CPUの6名でひとりは別部隊とか、いわゆる「マッチング」がうまくあわない状態が続いておりました。

いろいろ試しましたが、あるタイミングでコインを投入すれば全員が同じ部隊にマッチングされる事に気付き、昨夜やっと約1ヶ月ぶりにメンバー5名+1でプレイすることができました!全員がそろった時は歓声があがりましたね。あ、全員インカム装着してるのでマッチング成功すれば常時会話できる状態なんです。

ところで俺のパイロットポイントなのですが、現在めでたく2400を越え、只今二等兵です!


ん?二等兵??

なんで二等兵のままなんだぁぁぁぁ!

二等兵から一等兵の昇格条件はパイロットポイントだけのはずッ!

たまにバグってこーいう事もあるってどっかで読んだことあるよーな、なかったような・・・。

まぁ、今回の個人的な戦果には満足していないので昇格できてなくてもかまわないのですが、なるものがならないというのはちょっと気になりますよね。

前の3件 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10

2014年9月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

アーカイブ

最近のコメント