リリーパ Type-α を作ってみよう! 〜前編〜

必要な道具は様々ありますが、手に入りやすい工具で作ることができるよう説明していきます。
参考までにご覧ください。


【その1】離型剤を落とす
離型剤とは、製品を作る過程において型から製品をスムーズに取り出すために使用されるワックスです。
これを落とさないと塗装をしてもムラができたり塗装が剥がれてしまいます。
使わなくなった歯ブラシと、ご家庭にある食器用中性洗剤やクリームクレンザーで各パーツを洗います。

howto_01.jpg


【その2】バリを取る
写真の黄色で示している部分がバリです。(実際は黄色くなっていません。)
1度で切り落とすのではなく、ニッパーでパーツ近くまで切り落としてからデザインナイフやカッター、紙ヤスリ(400〜600番)で残りを削るように丁寧にバリ取りをします。

howto_02.jpg

howto_03.jpg


【その3】穴を埋める
気泡によりできてしまった小さな穴を瞬間接着剤を使って埋めます。
写真上は、画鋲の針の先に瞬間接着剤をつけて小さな穴へ埋めています。
足の爪部分にできてしまった穴には、付属のノズルをつけ瞬間接着剤をそっと乗せています。
瞬間接着剤の硬化促進スプレーをお持ちの方は併用する事をお勧めします。
お持ちでない方は、硬化が遅い(本来の接着目的ではなく、厚めに乗せているため内部の硬化が遅い)ので、最低でも半日は放置し硬化を確認してください。
はみ出た部分は前行程の「バリを取る」に習い、ナイフや紙ヤスリで削り落とします。

howto_04.jpg


【その4】表面処理
各パーツをメラミンスポンジやスポンジヤスリ(3Mの場合はウルトラファイン)で磨いていきます。
表面のテカりを抑えて質感を出します。
またこの後の塗料の乗りを良くするために念入りに行なった方が効果があります。

howto_05.jpg


【その5】塗装をする
※塗料の扱いは塗料に書かれた説明をよくお読みになってください。

以下ではラッカー塗料とエナメル塗料を使用していますが、体質に合わない方は水性塗料をお使いください。

〈白色〉ラッカー塗料
顔と腹部から塗っていきます。際の部分を溶剤を含ませた綿棒で優しく叩いてボカすとそれらしくなります。
(未検証ですが、水性塗料の場合は塗料が乾く前に水を含ませた綿棒で同様の表現が可能だと思います。)

howto_06.jpg

howto_07.jpg


〈焦茶・黒〉エナメル塗料
前行程の白塗装が完全に乾いてから始めます。
目、鼻、爪、水筒部分を塗ります。目は乾いた後に白色で光を入れます。

howto_08.jpg


〈スミ入れ〉エナメル塗料
リュックのモールド(溝)にスミ入れをします。
エナメル塗料を含ませた筆先を溝に置いてあげるだけで溝に添って塗料が流れます。はみ出た所は綿棒で拭ってください。
ガンプラマーカースミいれ用(グレー)や、シャープペンシルでも代用できます。

howto_09.jpg


〈パステル〉
パステルの焦茶を紙や紙ヤスリの上で粉にし、100均でも買うことのできるメイクチップ(スポンジのついたアイメイク道具)に取って毛並みの陰影をつくってやります。
陰影の濃さをメイクチップで叩いたりこすったり伸ばしたりして調整してください。
これはお好みですのでやらなくても大丈夫です。

howto_10.jpg


今回はここまで。
後編はいよいよ組立て。しばしお待ちください。

2014年8月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

リンク

お世話になっております。
point1.jpg BlueWind (漫画家・今ノ夜きよし先生のサイト)
point1.jpg 狂兵伝(模型サイト)
point1.jpg みなみ3(PSUファンサイト)

sun-banner.gif

point1.jpg URL
http://karen.saiin.net/~planet55/sun/
point1.jpg Banner
http://karen.saiin.net/~planet55/sw/s_blog/sun-banner.gif