宇宙がある。
宇宙は次元の中に幾つも存在し、何十、何百と集まって更なる時限の宇宙を構築する。
それが繰り返され、十も、二十も……百にも至り、また一に返る。

その、一番低い次元の宇宙の一つの話である。

現在の地球も内包しているものとする。


レグアルドはその中心にある。
地球は外れ。
ダイユーアは、宇宙の中では比較的レグアルドに近い位置にある。


時間はレグアルドを中心として回るが、レグアルドを離れるほど早く時が流れる。
レグアルドは、ダイユーア辺りから見ると殆ど時が止まっていると言っていい。


神が宇宙を支配するが、それを拒むことも出来る。

レグアルドの神の存在は、基本的に各惑星の守護者などしか知らない。

守護者には二パターンあり、神の守護をする者と、星の守護をする者がある。
星は罪人を主とした核と守護者の二者により維持と監視をされる。

ダイユーアは特殊な星である。
必要に基づいて構築されたのではなく、神々の長くも退屈な日々を紛らわせる遊戯を行う為に作られた。
遊戯は「ポピュラス」というよりは、「シムアース」+「シムシティ」+「シムピープル」を完全リアルタイムリセットなしでプレイ、といったところか。
星の守護者は持たず、ハルサ大戦以前にはGMである神王がかねていた。
遊戯の為に、星に繁栄した動植物やその他諸々はほぼレグアルドと同じ。


レグアルドを含め、剣と魔法を中心とした文明の栄える星が一般的。
中に幾つかは地球などの様に魔法の使えない人々の住む星もある。

Top

MenuBar


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2007-12-02 (日) 03:55:35 (4284d)